足の臭いを消す方法

なぜ足が臭うのか

kosui

足は体の中でも特に臭くなりやすいところです。靴を脱いだ時の臭いが気になったことがある方は多いでしょう。

 

足が臭くなってしまう原因は何なのでしょうか。

 

実際の足は臭くない

 

足=臭い という認識の方は多いでしょう。しかし、実際の足の臭いはほぼ無臭です。

 

なぜ臭ってしまうのかというと、それは靴の中の湿度が高まることで汗をかき、その汗によって雑菌が繁殖しているからです。

 

足が臭いと感じる時の多くは、家に帰った後、靴や靴下を脱いだ後ではないでしょうか。

 

そうです。密閉された空間に汗をかいたままでいることが原因です。空気の通りが悪いと、雑菌が繁殖しやすくなり結果として足が臭くなります。

 

一日中家にいて素足の状態であれば、足が臭いと感る人はすくないでしょう。この状態でも臭いを感じる人は多汗症の人か、わきがの人が多い傾向があります。

 

靴そのものが臭い

kosui

靴の中が蒸れて足の臭いが臭くなることはお分かりいただけたでしょう。

 

もう一つのニオイ原因として靴そのものが臭いということが挙げられます。

 

ブーツや革靴などは自分で洗うことは少なく、履きつぶすまで一度も洗わないという方も大勢いらっしゃいます。

 

いくら素足や靴下に気を使っても靴自体が臭ければ意味がありません。

 

足の臭いに悩んでいる方は、靴の臭いにも気を使ってみましょう。

 

まとめ

足の臭いは、人口体臭と自然体臭の両方が原因になっている可能性があります。

 

毎日同じ靴を履いている方は、3足くらい用意してローテーションすると臭いが気にならなくなるかもしれません。

 

履いていない靴は風通しのよいところで天日干しておけば、ほとんどのニオイを消すことが出来ます。

 

天日干しする前に消臭スプレーなどを使っても効果的です。ドラッグストア等で簡単に購入出来る1000円未満のスプレーでも充分に効果を感じることが出来るはずです。

 

また、まだ履ける靴下でも汗臭が染み付いていると、洗濯して臭いが落ちきらないことがあります。利用する期間を決めて定期的に買い替えてください。そんなに高いものではないですからね。

 

しっかり対策して足の臭いの悩みから解放されましょう。

 

足の臭いを抑える靴下