体臭の欠落

体臭はなさすぎても困る

run

 

においに敏感な現代において、体臭=くさい という図式が成り立っています。

 

しかし、もともと体臭は異性を惹きつけるためのフェロモンであり子孫繁栄のためになくてはならないものです。

 

我々人間が本来持っている本能を文明の利器で蓋をすることは危険な行為かもしれません。

 

一般的にはマイナスイメージのわきがや加齢臭でさえ、このにおいが好きという方もいます。

 

惹かれる体臭であれば、その相手と相性がいいことも多く、この現象については研究機関で研究が進められています。

 

作り出した体臭が邪魔をする

身だしなみとして香水を利用している方は多くいます。

 

しかし、その香りは本当にいいものでしょうか?付けすぎて相手を不快にさせていないでしょうか。

 

もともとの自分の体臭と混ざれば、なお不快を与える臭いになっているかもしれません。

 

一度、1週間でいいので香水を付けない生活を送ってみてはいかがでしょうか?

 

体臭がわからないと結婚相手を間違える?

香水などで作り出された人口体臭は、異性を選ぶ際に弊害となる可能性があります。

 

あの人のにおいが好き。と感じたことがある方は多いともいますが、それは自然な体臭でしょうか。

 

多くの場合、香水、洗剤、芳香剤などが加えられたにおいと違いますか?

 

このようない理由で付き合う相手を選んでいると、そのにおいがなくなったとき「あれ、なんか違う」と思うときが来るかもしれません。

 

本能的に惹かれる異性の体臭は、自分とは遠い、または持っていないDNA、染色体のにおいと言われています。

 

このような事例を考えれば、本当に相性のいい相手であれば、目閉じて体臭だけでも判断できる可能性はあります。